基本姿勢・政策

みやま市の最大の課題は人口減少問題であり、その対策として「みやま市ならでは」の特徴や強みを活かしたまちづくりが必要となります。

4年前から「みやま市創生総合戦略」を進めておりますが、地域の先輩方が築かれた礎を活かし、より効果的な政策実行と市政改革を進めていかないと、税収の減少などが進み、市民一人ひとりの生活に直接影響を及ぼす行政サービスの低下につながっていきます。

私は責任世代として、生まれ育ったこの故郷の「まちづくりへの当事者意識」をしっかりと持って「次世代に誇れるみやま市」を創るために、前回のみやま市議会議員選挙に立候補し、初当選させていただきました。

以来4年間、人と人との繋がりを大切にし、皆さんの意見を吸い上げ、常に市民目線で考え市政に届け、着実に反映させる活動を続けております。

私は今後もこの活動を続け、10年20年先の未来を見据え、子ども達が夢を育み、若者が希望を持って働き、高齢化社会に対応した誰もが安心を実感できる「住みよいみやま市づくり」にまい進いたします。


政策

◎子どもたちの未来の可能性を広げるために   

◎長寿社会に対応した市民の暮らしを守るために

◆ 「子育てのみやま市」を実現できる体制作り

・妊娠出産から切れ目のない子育て包括支援

◆ 「教育のまち」としての小中高連携の強化

・地元山門高校との連携推進

◆ 生涯学習と歴史・文化・スポーツ活動の推進

・オリンピックキャンプを活用したまちづくり

未婚化・晩婚化への対応

・民間事業者との連携による婚活支援

幼児教育無償化に向けた受け入れ体制づくり

・潜在保育士の掘り起こし、学童保育の充実

健康寿命の延伸に向けた取り組み

・民間との協働による健康増進プログラムの導入

◆ 高齢者障がい者の方が安心して暮らせる環境づくり


◎稼げるみやま市の産業振興のために    

◎人が集まる魅力あるみやま市づくりのために

農漁業者・商工業者の所得向上、継業支援

・補助金等の情報の積極的な発信、IOTの活用促進

◆ 中心市街地活性化による魅力あるまちづくり

・まちなかで市民が楽しめる空間をつくる

◆ 若者を呼び戻すU・I・Jターン施策の充実

・一度離れた地元出身の若者の定住化を図る

資源のつなぎ合わせでキラリと光る観光開発

・地域資源を活かしたみやま体験型観光の活用

メディア等をフル活用した魅力発信の強化

・クリエイティブなまちづくりで移住定住者獲得

 


◎災害に強いみやま市づくりのために    

◎次世代へ繋ぐ好循環のまちづくりのために

◆ 空き家利活用及び除去促進による住環境改善

・魅力的なリノベーションによる空き家活用

◆ コミュニティバスの効果的な運用

・AIや自動運転の活用

地域防災力の強化支援

・自主防災組織の充実による自助・共助の向上

市民協働の持続可能な循環型社会の実現

・ゴミ減量による効果を活かしたまちづくり

◆ みやまにおけるSDGs(持続可能な開発目標)の推進


◎最小の経費で最大の効果を生み出すために

◎みやま市議会がより市民と近くなるために

◆ 市民が参画意識を持てる市政環境づくり

・各年代、各地域の意見を吸い上げる場づくり

◆ ふるさと納税の拡充による自主財源確保

・農産品に加え、新たな魅力ある返礼品の開拓

◆ 事業費の徹底的な事前チェックと検証

・建設費及び維持管理費の増加抑制

◆ 市民目線による議会改革の実行 

・より一層市民の目に見える議会運営

次世代に過度な負担をかけない財政の健全化

・市債増加の抑制と基金の確保

市役所に対する市民満足度の向上

・職員の意識改革による市民サービス力の向上