志士通信


【防災士 試験】 11月21日

日本防災士機構が認証する「防災士」の資格を得るために試験を受けました。

この資格を取るためには、

①事前に「普通救命講習」を修了すること

②丸2日間の防災士講習(60分×13コマ)を受けること

③講習を受ける前に教本をもとに宿題を提出すること

④講習最終日の筆記試験に合格(30問中8割以上の正解)すること

が必要です。

①~③は無事終えました。後は合格通知を待つだけです。

ちなみに、「防災士」とは「社会の様々な場面で防災力を高める活動が期待され、

そのための十分な意識と一定の知識・技能を取得したことを認められる人」と

されています。

今回私が受けたのは福岡県の主催で、筑後地区では年に1回開催されます。

興味がある方はご連絡下さい。

 


【志士通信 令和3年 秋号別添 発行】 10月19日

本日、10月臨時議会において、地域事業者支援事業を議決しました。

内容をまとめて、地域の方々にお届けしています。

 


【志士通信 令和3年 秋号 発行】 10月9日

9月議会の報告、新ごみ焼却施設建設、8月豪雨災害などついての議員活動報告書を作成しました。

後援会入会者の皆様にはお届けしています。

 

 


【令和3年8月豪雨によるみやま市の被害状況】

8月11日から16日正午までの総降水量 1026ミリ(平年8月の4倍以上)

避難所へは最大時で145世帯251名が避難

 

人的被害 軽症者1名

住居被害 床上浸水10件 床下浸水157件

道路損壊20箇所  がけ崩れ39箇所

 

園芸作物等被害金額

なす 351万円 オクラ40万円 

セルリー40万円 いちご10万円 

アスパラガス41万円 キウイ20万円 合計約500万円

 

園芸作物用機械・園地被害金額

なす84圃場冠水 機械浸水78件 1億440万円 

セルリー4圃場冠水755万円 

いちご機械浸水16件 1070万円 合計1億2265万円

 

水稲 冠水による被害面積 80ha  被害金額 2661万円

大豆 冠水による被害面積 150ha 被害金額 4116万円

 

8月19日午後12時時点での報告分です。

今後増減する可能性があります。

 


【令和3年8月豪雨】 令和3年8月14日

今回の豪雨により、みやま市内でも被害が出ています。

8月14日15:00の災害対策本部会議の報告がありました。

12日の降り始めからのみやま市での総降水量は895ミリ。

本日14時時点での市内各避難所への避難者は246名。

冠水箇所34箇所、26路線の通行止め、路肩損壊10箇所、土砂崩れ2箇所。

今後の降水量予想で明日の昼までに多いところでさらに200ミリとなっています。

今は身の安全確保を第一に考えた行動をお願いします。

 


【ワクチン接種の状況】 令和3年8月12日

接種予約スケジュール
接種順と対象者 予約開始日時
1.30歳以上の人
平成4年4月1日以前生まれ
受付中
接種を希望される方はご予約ください。 
2.16歳から29歳の人
平成4年4月2日から平成18年4月1日生まれ
8月17日(火曜日)午前9時開始
3.12歳から15歳の人
平成18年4月2日以降生まれで接種日に12歳以上の人
8月19日(木曜日)午前9時開始
  • 現在12歳未満の人の接種券は、誕生日を迎えた後に随時発送します。
  • 年齢は令和4年3月31日時点の満年齢です。
  • 基礎疾患がある人は、該当年齢の予約開始日時以前でも受け付けています。予約はコールセンターのみ受け付けます。(電話0120-092-380)

【ワクチン接種の状況】 令和3年8月1日

7月27日現在でのワクチン接種状況をお知らせします。

みやま市 65歳以上の高齢者の方 14,429名

1回目 接種済みの方 12,641名 接種率 87.6%

2回目 接種済みの方 10,896名 接種率 75.5%

 

12歳以上の対象者 33,324名

1回目 接種済みの方 15,876名 接種率 47.7%

2回目 接種済みの方 11,790名 接種率 35.4%

 

予約開始

45歳~54歳の方 8月3日

30歳~44歳の方 8月10日

16歳~29歳の方 8月17日

12歳~15歳の方 現在調整中

 

引き続きキャンセル等のよる余剰ワクチンが発生した際の、「おたすけバンク」登録者を募集しています。

対象は、みやま市民で12歳以上の方となります。

ご協力よろしくお願いします。

詳しくは、みやま市健康づくり課健康係 0944-64-1515 にお問い合わせ下さい。

 


【ワクチン接種の状況】 令和3年7月19日

7月15日現在でのワクチン接種状況をお知らせします。

みやま市 65歳以上の高齢者の方 14,429名

1回目 接種済みの方 12,085名 接種率 83.8%

2回目 接種済みの方 7,815名 接種率 54.2%

現在55歳以上の方が予約受付中です。

基礎疾患のある方は54歳以下でも予約可能です。(電話予約のみ)

また、キャンセル等のよる余剰ワクチンが発生した際の、「おたすけバンク」登録者を募集しています。

対象は、みやま市民で12歳以上の方となります。

ご協力よろしくお願いします。

詳しくは、みやま市健康づくり課健康係 0944-64-1515 にお問い合わせ下さい。

 


【一時支援金のご案内】 令和3年4月6日

緊急事態宣言の影響で売上げが減少した事業者の皆さんへの
国と福岡県の支援金のご案内です。

 


【志士通信 令和3年 春号 発行】 3月22日

私の議員活動報告書である「志士通信」の通算21号となる令和3年春号を発行しました。

  


【志士通信 令和2年秋号 発行】 10月15日

私の議員活動報告書である「志士通信」の通算19号となる令和2年秋号を発行しました。

 


【定例 志士の会 市政報告会】 6月25日

6月26日 夜7時から 下庄八幡神社社務所をお借りして
定例の市政報告会を開催します。

今回の議題
●みやま市の新しい定住促進パンフレットについて

●総合市民センター建設について

●みやま市のコロナ対策について

●道の駅みやま及びみやまスマートエネルギーの決算について

●学校再編計画について

等を報告させていただきます。

また、ご参加いただいた皆さんから市政の課題を伺いたいと思います。

 


【コロナ対策 第3弾】 令和2年6月9日

新型コロナウイルス感染症へのみやま市独自の第3弾の支援策が6月16日開会の定例会に提案されます。

主なものをご案内します。

● プレミアム付き商品券事業 
<概要>
市内限定のプレミアム付き商品券を発行することで、市内における消費を喚起
し、コロナ禍で落ち込む地域経済の回復を支援する。
<発行額・プレミアム率>
・発行額 3億円(当初:1.5億円)
・プレミアム率 25%(当初:10%)
<その他>
・実施主体 みやま市商工会
・購入限度額 1人あたり5万円まで
・使用期間 令和2年8月1日~12月31日(5 ヶ月間)
・購入方法 抽選方式(ハガキもしくはインターネットにて)

 

● 地域医療協力支援金 
<概要>
コロナ禍のなか、市民の健康を守るため、日々医療の提供に尽力いただいてい
る医療関係施設に対し、地域医療維持の観点から支援金を支給する。
<支援先>
市内の病院、医科及び歯科診療所、保険調剤薬局(計 63 施設)
<内訳>
・病 院 100 万円×2 ヵ所=200 万円
・医科診療所 20 万円×24 ヵ所=480 万円
・歯科診療所 20 万円×16 ヵ所=320 万円
・保険薬局 5 万円×21 ヵ所=105 万円

 

● 児童生徒の学習用端末整備事業 
<概要>
全小中学生に「1 人 1 台端末(PC)」を整備する。また、「㈱道の駅みやま」
からの寄附金を活用し、各小中学校に学習用大型モニターを整備する。
<学習用端末整備の詳細>
・学習用端末…小学生 1,758 台、中学生 899 台、教師用 135 台
45,000 円×2,792 台=1 億 2,564 万円
・ミラーキャスト(教室のモニターなどに写す装置)…135 台、74 万円
・学習用大型モニター(各学校に1台)…道の駅みやまからの寄附金を活用
14 台、150 万円
・学習用インターネット使用料
光回線・プロバイダ通信料、LTE ルータ通信料(6 ヵ月分)、297 万円


【活動報告書 令和2年春号発行】  令和2年4月2日

新型コロナウイルスの感染拡大で様々な支障が発生しています。
子どもたちの学校は2月末から臨時休校となり、イベント等の休止や
外出自粛での経済活動の停滞など今までの考えることができなかった
未曾有の事態となっています。
出来る限り早期の解決には、これ以上拡散しないよう1人ひとりが今できることを徹底することから始めなければなりません。
みやま市議会は当初の予定通り、3月4日から19日までの会期で終了しました。
今回は3カ月毎に発行している私の活動報告書をアップいたします。

 


【地域活性化 講演会】  令和2年1月24日

「里山資本主義」などの著書で知られる地域エコノミスト藻谷浩介氏の講演会が県南地区中小企業家同友会の主催で開催されました。

久留米市・柳川市・大川市など筑後地区の人口推移を基に地域活性化のヒントを与えてくださいました。
みやま市は今回後援に入っておらず藻谷先生からのデータ発表はありませんでしたので、早速藻谷先生に習って私なりにみやま市の人口推移データを作成してみました。
改めて可視化すると15〜64歳生産年齢人口の減少が顕著になりますね。

現在日本では訪日外国人向け観光業や農業、林業などが伸びているとのこと。みやま市でも活かしていきたいですね。

 

【志士通信 令和2年新春号 発行】令和2年1月10日

新しい時代、令和初の新年を迎えました。
定例会後に発行している吉原まさひろ後援会会報誌「志士通信」
の最新号を発行します。
後援会に入会していただいている皆さんには手渡しか郵送でお届けして
おります。それ以外で購読ご希望の方はご連絡下さい。

 

【市政報告会】

10月25日、みやま市商工会館で吉原政宏の市政報告会を開催しました。
スタッフを含め50名以上の皆さんにご参加いただきました。

前半30分間は市政報告を行い、後半1時間は質疑応答の中で、参加していただいた方々から様々な市政へのご提言ご要望を聞かせていただきました。

今回いただいた貴重なご意見を今後のみやま市政に活かせるよう活動して参ります。


【改選後初の定例会が終わりました】

1期目の4年間も定例会後、活動報告書を後援会の皆様にお届けしておりましたが、2期目も引き続き後援会の皆さまにお届けいたします。

これまで、私の活動報告書が届いたことがなく、見てみたいとご希望される方は私にご連絡していただくとお届けいたします。(090-3328-7137)まで。

よろしくお願いいたします。

 

【令和元年 7月7日】

地域内外多くの皆様方のお支えのお陰で、今回のみやま市議選において2回目の当選を果たすことができました。
本当にありがとうございました。心から御礼申し上げます。

私にとって2期目の挑戦は難しい条件が重なった選挙戦でしたが、結果は17名中2番目となる1443名のみやま市民の皆さんから貴重な一票を投じていただきました。

いただいたご恩を忘れず、市政の場でこれからの4年間、皆様の信託に応えられるよう、生まれ育った故郷みやま市の発展のために全力を注いで参ります。